妊娠出産

無痛分娩を2回経験してみてわかったメリットとデメリット

更新日:

無痛分娩を2回経験してみてわかったメリットとデメリット

そうそう今月頭に第2子を無事出産いたしましたー!がんばったよ!

出産予定日前から調子が悪い日が何日かあり、「そろそろ陣痛がくる!」とドキドキしていましたが結局は予定日超過の入院→出産コースでした。

ちなみに長女、次女ふたりとも無痛分娩で産みました。まだまだ無痛分娩できる病院が多くないせいか、無痛分娩が一般的でなかった世代の方や男性の反応も良くない気がします。良くいわれるのが「痛い思いして産まないと母性が育たない」とか。そんなわけないでしょうよって思いますよホントにね(´・ω・`)

私は無痛分娩で産んで良かったですよー!

2回とも無痛分娩で産みましたが産院はそれぞれ違うところでした。(1回目は県外に住んでいてそこで産んだので)そのせいか1回目と2回めで全く違う無痛分娩を体験できました。違いすぎてびっくりです。
私が2回経験してみて感じた無痛分娩のメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

なぜそもそも無痛分娩にしたのかというと1回目のときはたまたま通っていた産院が無痛分娩可能なところだったからです。(単純!)その産院は無痛が可能とは知ってましたが当時は無痛分娩のことよく知らないし、普通分娩でいいかとそのときは思っていました。

いざ陣痛が始まったとき、産院で入院することになったのですがあまりの痛さに仰向けでいられないですよ。横向きで丸まって痛みを堪えてるって感じで。でも横向きで寝ると心音やお腹の張りをみるモニターをつけても上手く測れないと言われるんですよね。だから仰向けになるも陣痛の波がくると横向きになって痛みが収まるのを待つ、モニターとれないから看護師さん来て仰向けにさせられるのループ。

まじつらい助けてくれと唸っていたら看護師さんが

「今からでも無痛分娩に切り替えられるよー」

と。それで速攻無痛分娩にしてもらいました(笑)

無痛分娩のメリット

痛みがなくなる

これだけでもういいよねっていうくらいの最大のメリットですよね!あれだけの痛みがあったのに麻酔をしてもらったらスッと痛みがなくなり、家族と話したりテレビみたりスマホいじったり余裕の行動がとれるようになります。

出産に対しての不安が和らぐ

陣痛の痛みってどれほどのものなのか、会陰切開の痛みはどうなの?と初産のときは痛みの度合いがわからなすぎて不安が大きくなりますよね。私もよくどれほどの痛みがあるのかをググって余計に不安になるといった負の連鎖にはまっていました。

陣痛が始まって子宮もある程度開いていないと麻酔をしてくれないので、無痛分娩でも陣痛の痛みは体験することになりますがいずれ麻酔をしてくれるからもうちょっと頑張ろうという安心感がありました。

冷静に対処できる

痛みがない分、看護師さんにいきむタイミングや呼吸の仕方などを教えてもらいその通りにできました。いきむのは結構冷静に頑張ってました。

無痛分娩のデメリット

いきむ感覚がわからない

1回目のときは麻酔が効きすぎて足の感覚もなく、いきむってどうするんだ?状態でした。お腹の張る感覚はわかってもいきめなくて力が全然入っていないようでした。

吸引分娩になる可能性が高い

1回目のときは上記のとおりいきむ感覚がわからなくてなかなか出てこなかったため、吸引分娩になりました。娘の頭にコブが出来てしまってました。

費用がかかる

麻酔を使うので費用が万単位でプラスされます。詳細はわからなかったですが感覚的には5万くらいかなぁ。

麻酔の副作用

出産を終えてから気づいたのは頭痛と吐き気だったと思います。麻酔をかけている間はご飯が食べられなかったのでお腹ペコペコ状態なのに出産を終えてご飯食べようにも胃がムカムカして食べられない状態でした。

無痛分娩1回目と2回目で違ったところ

同じ無痛分娩でも1回目と2回目でだいぶ違いました。

麻酔の効き方

1回目:
麻酔が効きすぎて足の感覚はなし。LDRといって入院から産後の回復まで同じベットにいたので移動はなかったからわからないですが麻酔がきいた後は自分で立つことができなかったと思います。

2回目:
麻酔は効いて痛みはありませんが足の感覚はあり。病室と分娩室は別だったので車椅子に移るときに自分で立って移動しました。しっかり歩けてるので先生、看護師さんも驚いてたくらい(笑)

いきむ感覚

1回目:
いきむ感覚はまったくわからず…。力をいれようにもどこに入ってるかがわからなくて困りました。全然力が入ってなかったからか看護師さんが全体重をみぞおちに押して赤ちゃんを出そうとしてくれたくらい。これが一番死ぬかと思った。

2回目:
いきむ感覚や力の入れ方もすごくわかる。下の方まで赤ちゃんが降りてきたときの圧迫感も感じるので自分でもどこでいきんだらいいのかがわかりました。圧迫感は最初痛く感じて麻酔が効いていないのかと思ったくらい(笑)あと出てくるときの感覚もわかりました!

回復の早さ

1回目:
出血が多いし(結局輸血した)、傷も痛いしで入院中はずっと横になってました。歩くのも1カ月近くぎこちなかった。

2回目:
出血はまぁまぁ。傷の痛みはあるものの出産2日目からうろうろ動き回れるくらい。でも入院中は後陣痛で苦しむ。

まとめ

1回目と2回目の無痛分娩。麻酔の効き方が全く違ったりそれによって力を入れる感覚まで違ったりとびっくりすることばかりでした。今回は痛みだけがなくて、感覚がわかり自分自身とても感動しました。1回目の無痛が良くなかったわけじゃなくて多分麻酔やそのときの体調の相性とかが関係してくるんのかなと思ったり。もちろん先生の腕にもよると思いますよ!

みなさんも無痛分娩をする機会があったら痛みだけない、感覚だけが残るお産を経験してほしいなーと思います!子育てもブログもがんばるよー。

-妊娠出産

Copyright© イロドリ手帖 , 2019 All Rights Reserved.